【受付終了】※開催中止※ がん治療による皮膚障害のケアに強くなろう!

  • 2020年03月08日(日) 13:00 〜 16:30
  • 3,000(税込)
  • [東京] ㈱エス・エム・エス 18階セミナールーム

講義内容

第一三共ヘルスケア株式会社/ナース専科(株式会社エス・エム・エス)☆共催セミナー☆

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【セミナー運営事務局からのお知らせ】

本セミナーは、新型コロナウイルス感染症が国内で広がっている現状および2020年2月26日(水)の政府からの今後2週間のイベント対応に関する要請を受けて、開催を中止することとなりました。
セミナーにお申し込みいただいておりました方々には申し訳ございませんがご理解・ご了承いただけますと幸いです。

現在、お申し込みいただいている方には受講料を全額ご返金いたします。
お申し込みいただいておりましたメールアドレスに、ご返金につきましてご連絡いたしますのでご確認いただきご対応いただけますよう、よろしくお願いいたします。

2020年2月27日(木)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

-------------------------
皮膚障害の種類別の治療とケアをエキスパートが解説!
-------------------------
多くのがん患者さんには、薬物療法や放射線治療などのがん治療を行うことで皮膚障害を発症するリスクがあります。
患者さんによりよい治療を受けてもらうためには、セルフケアによる予防と早期発見・早期対応が必要となります。
看護師は、どのような皮膚障害が起こるのかを理解し、ケアにあたらなければなりません。

このセミナーでは、細胞障害性抗がん薬、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬による、がん治療によって起こる皮膚障害のメカニズムと、皮膚障害の種類別ケアを学びます。

===============

【プログラム】

■ 13:00〜14:00(60分)
第1部:「なぜ起こる? 皮膚障害のメカニズムについて知ろう」

1.皮膚障害のメカニズムについて知ろう
細胞障害性抗がん薬、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬を使用することによってなぜ、皮膚障害が起こるのかを解説

2. 皮膚障害の種類について知ろう
細胞障害性抗がん薬、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬によって起こる皮膚障害にはどんなものがあるのかを解説

■14:10〜15:10(60分)
第2部:「がん治療で生じる皮膚障害へのケアの基本を学ぼう」

1.がん治療で生じる皮膚障害へのケアの基本
スキンケアの基本となる洗浄・保湿・保護について
手足症候群、ざ瘡様皮疹、爪囲炎などへのケアの基本を解説
患者さんにどのように説明するとよいのか、がん患者さんで注意すること

2.皮膚障害の種類別ケアのポイント
手足症候群、ざ瘡様皮疹、爪囲炎など、それぞれの皮膚障害に対するケアのポイントを解説
*ハンドクリームを実際に手に取ってもらい、必要な量、塗り方をレクチャーします

■15:20〜16:20(60分)
第3部:「重症化した皮膚障害のケア」

1.重症化した皮膚障害のケア
重症化し、皮膚科医に介入してもらわないとならない事例を紹介し、実際の治療について解説

■ 16:20〜16:30
質疑応答

☆当日は、ミノン全身シャンプーやロコベースリペアクリームなどのサンプルをお持ち帰りいただけます。

講師紹介

西澤 綾 先生
がん研有明病院 皮膚科 副医長

春藤 紫乃 先生
多摩総合医療センター がん化学療法看護認定看護師

===============

個人情報のお取り扱いについて
セミナーお申し込みの際にご記入いただいたご住所・お名前・ご所属はセミナーの共催先である第一三共ヘルスケア株式会社にも提供されます。同社はこれらの情報をMR他同社からの医療情報提供活動等に利用させていただくことがあります。
第一三共ヘルスケア株式会社の個人情報取り扱い規定についての詳細は
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/company/policy/individual/
をご覧ください。

日時2020年03月08日(日) 13:00 〜 16:30
受講料3,000(税込)
会場㈱エス・エム・エス 18階セミナールーム東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー場所を確認
定員80
備考
運営者

ナース専科セミナー運営事務局

TEL:0120-938-797

(平日10:00~18:00)
主催

第一三共ヘルスケア/エス・エム・エス

TEL:0120-938-797

10:00-18:00