【受付終了】2020年度診療報酬改定と看護管理者の役割

  • 2020年02月15日(土) 13:00 〜 17:00
  • 33,550(税込)
  • SSK本社 セミナールーム

講義内容

Ⅰ. 2020年度診療報酬改定と看護管理者の役割

公益社団法人日本看護協会 常任理事
吉川 久美子(よしかわ くみこ) 氏
【13:00~14:30】

人生100年時代に向けた「全世代型社会保障」の構築が進められる中、令和2年度の診療報酬改定に向け、中医協では医療を取り巻く諸課題について広く意見交換を行い、改定検証調査結果を踏まえ検討が行われた。講義では、改定の背景、入院医療、地域連携、看護職の負担軽減等を中心に紹介し、看護管理者の役割を検討する機会とする。

1.改定の背景
2.診療報酬改定の内容
  (1)入院医療(入院基本料、重症度、医療・看護必要度など)
  (2)入退院支援・訪問看護・地域連携
  (3)看護職の負担軽減
  (4)その他
3.質疑応答

Ⅱ. 2020年度診療報酬改定の影響と看護部門の具体的な対応
  ~重症度、医療・看護必要度の行方と看護部の在り方~

株式会社メディフローラ 代表取締役
(病院経営アドバイザー・看護師・保健師・心理相談員)
上村 久子(うえむら ひさこ) 氏
【14:40~16:40】

前回の診療報酬改定は病院機能の再編が行われましたが点数誘導はなく、病院側に「自主的に病院の在り方を考えさせる改正」でした。2020改正から急性期病床の削減に向けて徐々に旗振りが行われていきます。急激な環境変化の中で看護部門が対応しなければならない内容を実践に繋がるようお話致します。

1.2020年度診療報酬改定の全容と読み取り方
2.重症度、医療・看護必要度の改正のポイントと対策
3.看護必要度の他、看護部門として把握しておきたい改正情報
4.2022年以降の改定を見据えて看護部門が考えておきたいこと
5.質疑応答

講師紹介

吉川 久美子(よしかわ くみこ) 氏

1981年 聖路加看護大学(現聖路加国際大学)卒業(看護師・助産師・保健師)、1981年 聖路加国際病院入職、産科病棟助産師、外来師長、小児病棟・小児総合医療センター師長、副看護部長、2017年 日本看護協会常任理事、医療保険制度、看護管理関連、日本看護学会事業 等担当。
厚生労働省 中央社会保険医療協議会 専門委員、厚生労働省 医療計画見直し等に関する検討委員会 構成員
厚生労働省 在宅医療および医療・介護連携に関するワーキンググループ 構成員
厚生労働省 特定機能病院及び地域支援病院のあり方検討会 構成員
厚生労働省 社会保障審議会 医療分科会委員、公益社団法人日本医療機能評価機構 理事
公益社団法人日本医療機能評価機構評価委員会委員、など

上村 久子(うえむら ひさこ) 氏

東京医科歯科大学にて看護師・保健師免許取得後、慶應義塾大学院卒業。その後、医療系コンサルティング会社にて急性期病院を対象とした経営改善に従事。 現在は病院経営アドバイザーとして、医療機関所有データ(DPCデータ、看護必要度データ等)を用いた病院経営に関するアドバイスやデータ分析研修会、診療報酬勉強会等の人材育成の研修・教育サービスを提供中。
専門は、院内データを活用した病院経営、看護マネジメント、人材育成。自らの臨床経験とデータ分析能力を活かし、大学病院からケアミックス病院まで病院規模や病院機能を問わず幅広く活動している。

日時2020年02月15日(土) 13:00 〜 17:00
受講料33,550(税込)
会場SSK本社 セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2場所を確認
定員60
備考
運営者

ナース専科セミナー運営事務局

TEL:0120-938-797

(平日10:00~18:00)
主催

株式会社新社会システム総合研究所

TEL:03-5532-8850

09:00-18:00