病棟マネジメントにおける労務管理の実際
~働き方改革関連法施行に対応する~

  • 2020年09月12日(土) 13:00 〜 17:00
  • 22,000(税込)
  • SSK本社 セミナールーム

講義内容

Ⅰ. 働き方改革関連法に対応する労務管理の基本

斉藤社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士
斉藤 貴久(さいとう たかひさ) 氏
【13:00~14:30】

2020年4月1日、働き方改革関連法の第2弾がスタートしました。メディアを通じて知ってはいるものの、この法改正はどのような影響を職場にもたらすのか?それを理解するためには、法律が改正される前の状態も知っておかなければなりません。
第1部では、働き方改革関連法の基本部分を解説するとともに、労務管理に必要とされる最も基本的な事項を確認します。労働時間管理や年次有給休暇など、毎日、部下と接する管理職として、身に着けておくべき重点事項に絞って、わかりやすく解説いたします。

1.働き方改革関連法とは
2.労働契約・就業規則
3.労働時間・休日
4.時間外労働
5.年次有給休暇
6.懲戒と解雇

Ⅱ. 看護管理現場で発生する事例から労務管理を学ぶ

株式会社サフィール 代表取締役
看護管理総合教育研究センター 代表
河野 秀一(かわの しゅういち) 氏
【14:40~16:10】

1.価値観の多様化とワークライフバランス
2.看護管理者が気を付けるべきパワーハラスメント
3.看護師の退職を減らすためには~リテンションマネジメント
4.現場での事例から労務管理を学ぶ
  (1)事例1 労働時間の原則と時間外勤務の取り扱い方
  (2)事例2 休憩時間の与え方
  (3)事例3 短時間正職員
  (4)事例4 育児休業・介護休業

Ⅲ. 質疑応答
【16:20~17:00】

1.労務管理トラブル対応Q&A
2.参加者からの質疑応答

講師紹介

斉藤 貴久(さいとう たかひさ) 氏

斉藤社会保険労務士事務所所長、法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員、日本労使関係研究協会(学会)会員、東京都社会保険労務士会会員。
法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了(経営学専攻/MBA)。
上場企業の人事マネージャー及び商社系コンサルティングファームのシニアコンサルタントを経て社労士事務所を開設。「人事屋」として労務相談、人事制度構築、従業員意識調査、人事コンプライアンス調査などの業務を提供している。

河野 秀一(かわの しゅういち) 氏

明治大学政治経済学部卒業。民間企業勤務後、医療法人グループの管理本部主任として、教育・研修・広報を担当。その後、国際医療福祉大学教育企画本部主査、伊藤忠人事サービス株式会社シニアコンサルタントを経て現職。
<著書>
「ステップアップ 看護マネジメントリフレクション+概念化スキル」メディカ出版
「看護管理者の必須条件 概念化スキルが確実に身につく本」メディカ出版
「モチベーションアップの目標管理~看護マネジメントが変わる」メヂカルフレンド社

日時2020年09月12日(土) 13:00 〜 17:00
受講料22,000(税込)
会場SSK本社 セミナールーム 東京都港区西新橋2-6-2場所を確認
定員60
備考
運営者

ナース専科セミナー運営事務局

seminar@nurse-senka.jp
主催

株式会社新社会システム総合研究所

TEL:03-5532-8850

09:00-18:00