【受付終了】地域みんなで取り組む入院・退院支援

  • 2018年04月28日 13:00 〜 17:00
  • 16,200(税込)
  • 日本薬学会長井記念館 長井記念ホール

講義内容

病院の時代から、地域包括ケアの時代へ、我が国の医療は、大きく転換を求められています。
病気や加齢に伴う暮らしづらさがあっても、住み慣れた地域、意心地のいい居場所で暮らし続けることができる社会。aging in place(エイジングインプレイス)を実現するための市区町村を基盤にした取り組み「医療介護連携推進事業」も本年4月から、全国で動きだしていますが、病院からは、見えていますか?
生活の場に医療やケアを届けることで、暮らしを遮断しないこと。そしてその延長線で、人生の幕引きを迎えることができることを、病院・在宅支援チームが協働で取り組んでいく必要があります。
30年度同時改定では、入院決定時から在宅支援チームが、連携・協働し、スムーズな在宅療養への移行支援を行うための取り組みを評価しています。
在宅医療提供体制に求められる医療機能として、「退院支援」「日常の療養支援」(外来時支援)、「急変時対応」「看取り」の4つの場面があります。
地域の医療・介護がどのように機能し、連携・協働していくことが、aging in place(地域で暮らし続ける)を実現することになるのかを、学んでいきます。
そして、本人が、望む暮らしの場で、暮らし続け、より良き最期の時間が送れるようにするためには、地域全体でACP(アドバンス・ケア・プランニング)に取り組む必要もあります。
4つの場面に焦点をあてて、病院として取り組むことから、地域でどのような事業を進めていく事ができるかを一緒に考えていきましょう。

1.地域包括ケアシステム実現に向けてカギになる4つの場面

2.在宅療養移行支援のプロセス理解・システム構築(院内・地域)
 (1)退院支援・退院調整3段階プロセス
 (2)外来から取り組む療養支援

3.在宅支援チームと病院チームで協働して取り組む入退院支援・看取り支援
 (1)入院決定時から、退院後のフィードバックまでの連携協働のあり方
 (2)安定在宅着地のための退院直後支援
 (3)アドバンスケアプランニング(ACP)への取り組み

4.全国の先駆的な取り組みについて
 (1)病院内システム
 (2)看護協会地区支部活動
 (3)医療介護連携推進事業等

5.質疑応答

講師紹介

在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス 代表 宇都宮 宏子(うつのみや ひろこ) 氏

【略歴】
1959年福井出身
1980年京都大学医療技術短期大学部 看護学科卒業
医療機関で看護師として勤務、高松の病院で訪問看護を経験し在宅ケアの世界に入る。
1992年京都の訪問看護ステーションで勤務、介護保険制度創設時、ケアマネジャー・在宅サービスの管理・指導の立場で働きながら、病院から在宅に向けた専門的な介入の必要性を感じ 2002年京大病院で「退院調整看護師」として活動
2012年4月より、『在宅ケア移行支援研究所』起業独立
医療機関の在宅移行支援、地域の医療介護連携推進、在宅医療推進事業研修・コンサルテーションを中心に活動。
【その他の活動】
●京都大学医学部人間健康科学学科非常勤講師
●聖路加国際医療大学臨床教授
●京都府看護協会担当委員(認知症サポートナース・退院支援・看取り支援人材養成研修等)
●東京都在宅療養推進会議 退院支援強化事業・在宅療養支援員養成研修委員等
●セコム医療システム(株)退院支援・在宅事業担当
●京都ACP看護研究会
●京都式認知症ケアを考えるつどい実行委員
●聖路加国際大学教育センター「退院調整看護師養成プログラムと活動支援」事業メンバー
【書籍】
●「これからの退院支援・退院調整」日看協出版会 2011年4月
●「看護がつながる在宅療養支援」日看協出版会2014年6月
●退院支援ガイドブック~「これまでの暮らし」「そしてこれから」をみすえて関わる 学研メディカル秀潤社 2015年8月

日時2018年04月28日 13:00 〜 17:00
受講料16,200(税込)
会場日本薬学会長井記念館 長井記念ホール東京都渋谷区渋谷2-12-15場所を確認
定員200
備考
運営者

ナース専科セミナー運営事務局

TEL:0120-938-797

(平日10:00~18:00)
主催

株式会社新社会システム総合研究所

TEL:03-5532-8850

09:00-18:00