【受付終了】創傷管理セミナー2018<東京会場>

  • 2018年06月30日 10:00 〜 16:00
  • 14,040(税込)
  • [東京] 全水道会館

講義内容

■━━━━━━━━━━━━━━━━■
 身近な傷の手当から
    術後管理まで学ぶ!
■━━━━━━━━━━━━━━━━■

このセミナーでは、創傷管理の専門医である切手俊弘(きってとしひろ)先生から、創傷ケアのエキスパートになるための重要な2つのコンセプト(Wound bed preparation、Moist wound healing)を中心に、講義とデモンストレーションを通して学んでいきます。

<補足>
たくさんの事例写真を見ながら、切手先生の講義が進行しますので、カラー版のテキストをご用意しております。

------------------------
▼ プログラム (講義)
------------------------

・創傷処置の基本
・Wound bed preparationとは?
・WBPに必要なポイント
・傷の治る過程
・創傷ケアの新しい考え方
・消毒の功罪
・消毒は本当に不要なのか?
・順調に治癒しない創傷がある
・感染とは?
・創傷に対する細菌の関わり方
・創傷治癒におけるエビデンス
・洗浄の大切さ
・湿潤療法
・ドレッシングとは?
・そもそも被覆材とは?
・創傷被覆材の利点
・ガーゼを考える
・抜糸やドレッシングの工夫
・抜糸の時期による比較
・きれいなキズは縫わなくても...
・皮膚保護作用
・擦過傷には、これ!
・創傷被覆材の選択基準は?
・ハイドロコロイド ドレッシング
・アルギン酸塩 ドレッシング
・ポリウレタンフォーム ドレッシング
・ハイドロファイバー ドレッシング
・ハイドロジェル ドレッシング
・皮膚欠損用創傷被覆材の価格
・陰圧閉鎖療法とは?
・陰圧閉鎖療法の適応と禁忌
・治療の短縮のため適応拡大を
・治癒促進の機序
・保険算定について
・マゴット療法
・事例の紹介
・本日のまとめ
・創傷ケアのポイント

◆このセミナーは、
創傷ケアのエキスパートになるための
重要な2つのコンセプトである
Wound bed preparation、
Moist wound healingを中心に、
講義とデモンストレーションを
通して学んでいきます。

------------------------
▼ ココが強くなる!
------------------------

創傷管理に必要な基礎知識と応用力が養える!

------------------------
▼ 過去の受講者の声
------------------------

・3本の矢の大切さを学びました。局所の管理以外にも全身の管理が大切だと学びました。(看護師)
・ドレッシング材が色々あり、これまで頭の中が整理できずにいましたが、整理の仕方をシンプルに教えてくださったのでとてもわかりやすかったです(介護施設勤務、看護師)
・創傷管理の3原則、ドレッシング材の基本、ポジショニング・クッションの使い方などは即実行できると思いました。また、OHスケールによるリスク評価をぜひ身につけて、寝具の洗濯を行い褥瘡予防につなげていきたいと思います(訪問看護ステーション勤務、看護師)
・洗浄の方法について、Nsによっていろいろな考え方があり、どうするのが良いのか迷っていましたが、今日教えていただき、大変助かりました。(看護師、市介護施設勤務)

講師紹介

切手俊弘 先生
───────────────
日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 常任理事
彦根市立病院
診療局主任部長(在宅医療担当)、在宅診療科部長
地域連携センター次長、在宅医療支援室長
彦根市福祉保健部副理事(医療政策担当)
彦根医療福祉推進センター所長
━━━━━━━━━━━━━━━
《出身》 鹿児島県

《略歴》
1997年 大分大学医学部卒業
2000年 飯塚病院(福岡県)外科
2002年 高田中央病院(大分県)外科
2004年 津久見市医師会立津久見中央病院(大分県)外科部長
2006年 大分大学大学院

2009年 小林内科診療所(岡山県) 副院長
2011年 寺岡整形外科病院(広島県)内科医長
2015年 彦根市立病院 外科副部長(兼)医療社会部地域連携室主幹
2016年 彦根市立病院 診療局主任部長(在宅医療担当)、外科部長、地域連携センター次長、在宅医療支援室長
現在に至る

《資格》
日本外科学会 専門医
日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 常任理事
日本褥瘡学会 評議員 褥瘡認定師
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会 ストーマ認定師 産業医
山陽学園看護研修センター(皮膚・排泄ケア認定看護分野)非常勤講師

《専門分野・経歴》
消化器外科医として地域の病院で研鑽を積む期間に老人医療の重要性に気づく。平成13年よりストーマケアを活かした創傷管理で褥瘡治療を勉強始める。寝たきり高齢者の嚥下摂食障害などに対して経管栄養の管理・胃瘻造設などにかかわると、在宅ケアの勉強を開始し、病院からの在宅総合診療を行う。現在も高齢者の生活環境調整や緩和・終末期医療全体に取り組んでいる。
また、消化器科医として消化器内視鏡検査に従事し、下部消化管内視鏡も施行件数3000例以上。外科医としても関連病院で修練した。消化器外科医を10年経験し、その後高齢者医療の勉強をするために仕事をしてきた。
2007年より在宅医療の勉強をおこなうために、内科医へ転身。外来と往診業務をおこない、さらに高齢者にかかわる必要性を認識した。2015年1月より外科医として地域の中核急性期病院に勤務。同時に地域医療機関との連携強化を図るため、病院との橋渡し役を担っている。対外的には、褥瘡ケアを在宅に広げる活動をおこなっている。

《著書》
はじめての褥瘡ケア:見る看るわかるポイント50 (出版:照林社)
そこが知りたい!褥瘡ケアの「秘訣」30 (出版:照林社)

日時2018年06月30日 10:00 〜 16:00
(開場9:30から)
受講料14,040(税込)
会場全水道会館東京都文京区本郷1-4-1 場所を確認
定員80
備考★☆ たいへんお得な <参加者特典>情報!★☆ ============================
希望者全員に、動画で学ぶホームページ「看護師のための5分間動画ライブラリー」で公開されている動画300本以上(無料&有料)を、1ヶ月間無料視聴できる権利をプレゼントいたします!
詳細は会場でご案内しますが、 「看護師のための5分間動画ライブラリー」の詳細は、 こちらでご確認いただけます。→ https://kangodouga.com ============================
※無料動画150本以上公開中!

■■■■■■■■■■■■■■■
このセミナーの詳細(過去のセミナー映像、特典内容など)は、メディカルセミナーズのWEBサイトでご覧いただけます ↓↓
http://medisemi.com/seminars/2018/06/soshou-kanri-kitte-2018-6-30-tokyo.html
運営者

ナース専科セミナー運営事務局

TEL:0120-938-797

(平日10:00~18:00)
主催

株式会社メディカルセミナーズ

TEL:042-486-0477

09:00-17:00